妊活のご夫婦にファステイングをお勧めする3つの理由

  • はじめに
    子供が欲しいけどまだ先でいいかな・・・
    子供が欲しいけどなかなかうまくいかない・・・
    共働きであったり、忙しさでなかなかチャンスが合わない等々、夫婦で妊娠の時期を意識する必要があり、年齢・仕事・パートナーのこと、さまざまな事情を考えて妊活をされている方が多くいらっしゃいます。

  • 妊活の現状
    『国立社会保障・人口問題研究所』の調査によると、不妊を心配したことのある夫婦は35.0%と3組に1組、子どものいない夫婦では55.2%と2組に1組にのぼっています。
    また、実際に不妊の検査や治療を受けたことがある夫婦は全体で18.2%、子どものいない夫婦では28.2%と4組に1組となっています。
    ※国立社会保障・人口問題研究所 『妊娠・出産をめぐる状況』

 

  • 不妊の割合と原因
    『公益社団法人 日本産婦人科医会』によると不妊の頻度は、およそ13〜17%となっており、女性年齢の進行とともに不妊の割合も増加します。
    「年齢別の不妊頻度一覧表」
    年代 不妊頻度
    20代前半 5%以下
    20代後半 9%
    30代前半 15%
    30代後半 30%
    40代以上 60%以上
    また、不妊の原因は5つあるとされています。

    不妊治療を求めて病院に受診する夫婦・カップルの10〜30%が原因不明で、受診患者の中で最も多いそうです。
    公益社団法人 日本産婦人科医会 『不妊症の定義・分類法』

 

  • 妊活の様々な方法
    妊娠力を高める生活習慣をまとめると
    1、正しい食生活→良質なたんぱく質を取ることで消化吸収力を高める
    2、運動→有酸素運動をすることで血行改善し、ホルモン分泌が活発になることに加えて、妊娠時の体力作りにもなる
    3、睡眠→深い眠りである「ノンレム睡眠」と22時~2時の「ゴールデンタイム」に寝ることでホルモン分泌が活発化します
    4、冷えの改善→血行改善により毛細血管が多い子宮の状態を整える
    5、ストレス解消
    6、禁煙・喫煙
    になります。

 

  • 何故、妊活にファスティングなのか
    妊娠できる・妊娠するカラダ作りができる方法の一つがファスティングです。
    不妊の原因は、上記の生活習慣の乱れによる本来カラダに備わっている「力」の減少です。
    生活習慣が乱れると、ミトコンドリア機能低下します。ミトコンドリアの機能低下はせっかく食べた食べ物の栄養吸収力の低下になります。栄養吸収力が下がればホルモン産生のバランスが悪くなり、精神的なバランスの低下となり、そして、気力低下による食生活の乱れ・・・負のスパイラルになってしまいます。更に、ヒトに元々備わっている不必要なものを排出する能力が低下し、重金属が体内に貯まり、細胞の元気がなくなってしまいます。

この状態をファステイングにより元に戻していきます。

ファステイングにより
1、不必要なものを排出
2、ミトコンドリア機能の向上
3、体に必要な食材を吸収できる健康体にする
妊娠に必要なカラダ作りがファスティングでできるのです。
ヒトのカラダは普段食べている食事からできています。朝・昼・晩の食事以外にも間食している食べ物も飲み物を同じです。

妊活の情報が多くありどれも皆さん間違った事は書いていません。その中で読まれた方ご自身に合った情報を抽出するのはとても大変になっているかと思います。また、なかなか生活習慣に落とし込むのが困難な場合もあります。
ファスティングマイスター自由が丘支部では、ファスティングを通して妊活のカラダ作りのサポートをしております。
今後もブログで様々な情報をアップしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP